前へ
次へ

投資用の不動産ローンを組むなら頭金も確保

投資物件を買う時には、金融機関に相談するケースも多いです。
不動産物件はそれなりの価格になる事も多いので、一括で買うのも困難ですし、銀行からお金を借りている方も少なくありません。
ところで不動産に関するローンを組むなら、選択肢は2つあります。
フルローンにするか、購入金額の一部の頭金で支払う方法があります。
後者の方法の場合、最初にまとまったお金は必要です。
数百万円ぐらい準備するデメリットがありますが、金融会社に対して支払う手数料も低く抑えられます。
例えば3000万円の物件を買うとします。
頭金が500万円の場合は、2500万円分だけローンで借りる形になる訳です。
3000万円と2500万円のローンの手数料を比べると、やはり前者の方が高めになります。
手数料は、融資額に左右されるからです。
確かにフルローンにしますと、初期費用はかなり低く抑える事ができます。
その代わり手数料も高めになってしまいますし、できれば投資用物件の頭金も準備しておく方が良いでしょう。

Page Top