前へ
次へ

会社員が不動産投資を行う上でのポイント

会社員が不動産投資を考える際、押さえるべきポイントがあります。
まず信用力がある間に不動産投資のローンの申し込みを入れることが大事です。
ローンを活用するには、審査にパスすることが求められます。
審査の対象は、収入の確実性、年収額などです。
会社員は、確立された収入を得られるということで、信用力は高いです。
しかしながら、歳を経るにつれて、完済年齢が引き上がってしまうことになり、信用力が下がります。
その為、信用力がある間にローンの申込み申請することが大事となります。
一方、若いほどいいということではありません。
一般的に考えて、年を経るにつれ給料が高くなることから、若くて収入があまり高くないと、審査にパスできないことがあり得ます。
そして完済年齢をチェックすることもポイントです。
ローンを申し込めたとしても、完済年齢が定年をオーバーしている場合、しっかりと考えた方がいいでしょう。
自宅用ローンの返済もほぼ同じの完済年齢であれば、家計に対しての負担が大きくなるといえるでしょう。

Page Top